食べ物で紫外線対策

食べ物で紫外線対策

日焼け止めや日傘、UVカット手袋などからだの外側から対策をするのが紫外線対策ではありません。からだの内側からでも紫外線対策をしておくとより効果的になります。

 

外と内、両方からきちんと対策を行っている人ほど、紫外線の影響は少なく、美しいお肌を保つことができているのです。では、からだの内側から行う紫外線対策とはどのような方法になるのかみていきましょう。

 

活性酸素を排出する食材とは?

活性酸素が体内に溜まりすぎてしまうと体調不良や便秘、疲れがなかなかとれず体がだるくなってしまいます。

 

お肌にも悪い影響を及ぼし、老化がどんどん進んでいってしまうのです。
そこで、活性酸素を排出することができる食材を毎日積極的に摂取していきましょう。

 

ほうれん草、小松菜、春菊、モロヘイヤといった葉野菜はβ-カロテンが豊富に含まれています。β-カロテンは活性酸素を抑制する力ももっており、皮膚細胞の活動を正常にしてくれます。

 

コラーゲン生成に欠かせないビタミンC

ビタミンCはシミや黒ずみを抑えてくれる美白成分としては欠かせない成分となっています。紫外線を受けてメラニン色素が生まれたとしてもビタミンCで表皮に現れるのを防いでくれるのです。

 

ビタミンCはお肌のハリに大事なコラーゲンの生成を促進してくれる効果ももっています。ブロッコリー、カリフラワー、レモン、イチゴ、芽キャベツなどに豊富に含まれているのでお勧めです。

 

新陳代謝を高める食材

古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わるために必要な皮膚の細胞、新陳代謝を高めてくれる食材があります。レバー、いわし、うなぎといった食材にはビタミンB2が豊富に含まれており、お肌を活性化してくれます。

 

毎日少しでも良いのでちょっとずつ食べていくと体の中にずっと成分を維持し続けることができるでしょう。お肌の老化を防止するためにも抜群の成分です。

 

シミ抑制効果のある食材

紫外線を浴びて、すでに皮膚の表に浮き出てきたシミを抑制することができるのは、ネギや豚ひれ肉、卵、ハチミツなどに多く含まれているアミノ酸です。

 

アミノ酸はお肌だけでなく、体にも必要不可欠な成分です。
毎日の食事で摂取することができなければ、サプリメントを飲むのも良いでしょう。