日焼け止めのSPFとPAとは?

日焼け止めのSPFとPAとは?

あらかじめ紫外線を浴びない方法は、主に日焼け止めクリームを塗ることです。
日焼け止めクリームには、SPFやPAが必ず表記されています。

 

SPFとは

SPFは、サン・プロテクション・ファクターの略です。B波のUVカットをできる時間を表しています。B波は、皮膚ガン、シミ、そばかすなどのリスクもあります。肌に何もつけていない状態で20分日にさらされたときと比較してどれだけの時間で日焼けが始まるかの目安です。

 

SPFが30なら20分×30=600分、
つまりSPF30と表記がある商品なら10時間持つということです。

 

SPFの数値が大きければ強い紫外線をカットできるという意味合いではありません。長時間日差しを浴びることから守ってくれますが、そもそも暑い時期は汗で日焼け止めが落ちてしまいます。可能であれば、汗をかいたらこまめに塗り直すこともお勧めします。

PAとは

PAの方は、肌を黒くしたり、シミやたるみの原因にもなるA波を防止してくれます。

 

+、++、+++、++++と4段階に分かれていて+が多いほどA波を阻止します。
目安としては、通常の買い物に出かける程度なら++で大丈夫です。

 

日焼け止めを塗った上から日焼け度目効果のあるファンデーションを塗るとさらに有効です。日焼け止めクリームは、紫外線防止対策に有効ですが完璧に日焼けを抑える効果はありません。

 

最近は、目から紫外線を吸収することが分かってきましたので、サングラスも効果があります。ツバの広い帽子やUVカットの日傘、アームカバーなどで日焼けを予防しましょう。