シミとメラニン色素の関係

シミとメラニン色素の関係

シミって本当に嫌ですよね。一度できてしまうと消すのは容易ではありません。
ファンデーションで隠そうとしても濃いシミはなかなか隠れません。

 

まだそばかすのような小さいシミならなんとか我慢していてもある日、突然大きなシミができていたら愕然としますよね。そもそもシミってどうしてできるのでしょう。

 

シミができる過程が分かれば、対策の方法も見えてきます。

シミができる過程

まず、無色透明のチロシンが酸化すると黒くなります。それがメラニン色素の正体です。メラニン色素は通常、1ヶ月周期でやってくるお肌のターンオーバーで肌の表面に押し出されて排出されます。紫外線を浴びたり、汚れを落としきれないと毛穴に角質などの老廃物が蓄積してしまいます。角質が溜まってくるとメラニン色素も肌の中に溜まってしまいます。

そこで代謝を促すことが美白への一番の近道なのです。

 

代謝を良くするためには、代謝を促す効果のある美白化粧品を使うことが望ましいです。他にできることは、よく睡眠をとることです。人は眠っている間に、新陳代謝が上がり成長ホルモンが活発になります。可能なら、10時までに時間に就寝しましょう。

 

肝臓は、体内に溜まった毒素を解毒する働きをします。肝臓が元気だと美肌につながります。肝臓の働きを助けるオルニチンを毎日摂取すると美肌効果があります。シミを消すことより、シミを出さないことの方が簡単ですので、出来ることから地道にトライしていきましょう。