簡単にできる紫外線の予防方法

簡単にできる紫外線の予防方法

紫外線予防は誰でも簡単に自宅ですることができます。

 

いつまでも若々しい美しいお肌を保つことができれば、外見も実年齢より若くみられます。どのような方法で紫外線予防をすることができるのか、さまざまな知識と情報を身につけていきましょう。

 

食生活

紫外線と食生活は関係のないものと思ってしまいますが、実はとても深いつながりを持っているのです。紫外線予防といえば日焼け止めやUVカット帽子を被る、からだの表面を紫外線に浴びないために工夫することが多いのですが、

 

食生活はからだの中から紫外線予防をすることができる方法です。

 

人間のからだに悪い活性酸素を排出することができる「抗酸化作用」のある食材を積極的に食べると紫外線予防になります。シミを生み出すもとをなくすことができるのです。

 

抗酸化作用のある食材は主に、野菜やフルーツとなります。女性が大好きなアボカドやキウイ、カボチャ、トマト、ニンジン、ピーマンはお勧めです。

 

特に、最近注目されているのがアーモンドです。アーモンドを毎日20粒ほど食べるだけで体内に蓄積されている抗酸化作用が大きく働きます。

 

お腹が空いたときに食べてもカロリーが低いので太る心配はありません。

 

お肌のゴールデンタイムが重要

夜10時〜2時の間はお肌のゴールデンタイムと言われています。
この時間帯には必ず睡眠をとってください。

 

古いお肌から新しいお肌になるための活動が盛んになる時間帯でもあり、紫外線で傷ついたお肌をしっかりケアしてくれます。紫外線を受けても対処できるお肌になるためにもお肌のゴールデンタイムはお肌を休ませてあげてください。

 

生活習慣の乱れや睡眠不足もシミや黒ずみ、お肌に悪影響を与えてしまうことを覚えておきましょう。

 

外出する時間を考える

紫外線が1番強い時間は1日のなかで特に正午から午後2時の間となっています。

 

朝はまだ紫外線の量は多くないのですが、午前9時ごろからだんだん増えていき、日差しが強くなっていきます。紫外線を浴びないためにも紫外線が多い時間帯を考えて行動しましょう。

 

できるだけ午前中の行動は控え、お買い物にいくなら午後4時〜と夕方から外に出ることをお勧めします。どうしても外出しなければならない場合は、日傘を忘れずに持っていきましょう。