子供の紫外線対策

子供の紫外線対策

紫外線が影響されるのは決して大人だけではありません。

 

子供の皮膚は大人よりもしっかりしておらず、まだ不安定で紫外線の影響をより受けやすくなっています。子供の紫外線対策をきちんとすることも大人の責任です。

 

多発している皮膚ガン

日焼けしている子供ほど健康的で活発なイメージがあるように、昔から太陽の光は子供を元気にさせるものと認識されていました。

 

しかし、太陽光から降り注ぐ“紫外線”は子供たちに悪影響を及ぼすものと認識が改めされています。紫外線が子供たちの皮膚に及ぼす病気として「皮膚ガン」が注目されています。

 

皮膚ガンは大人、年配の人にみられる病気でしたが、最近は小さい子供でも発症することが増え始め、皮膚ガンにかかる年齢層が低くなってきています。

 

子供のうちにたくさん紫外線を浴びるほど大人になって皮膚ガンになる可能性が高まってくるのです。できるだけ早いうちに紫外線対策を行うことが大切かどうかが分かります。

 

子供には子供の皮膚にあった紫外線対策をする必要があるのです。

 

紫外線が多い時間を避ける

子供にとって1番の紫外線対策は「紫外線が多い時間帯を避けて行動すること」です。

 

夏が1番多い紫外線ですが、夏休み真っ只中の子供たちにとって家族や友達と外へ遊びにいく機会も増えることでしょう。しかし、できるだけ午前中(午前10時)から午後2時までの時間帯は外出を控えることをお勧めします。

 

1日の中でも降り注ぐ紫外線の量が多い時間帯となっているので極力外出を避けること、外出しても屋内に留まるようにしてください。

 

屋内であれば紫外線の心配もなく、涼しいところで子供たちと過ごすことができます。

 

出かけるときは帽子・日焼け止め

外に出かけるときは子供に必ず紫外線カットの帽子をかぶるように伝えてください。
帽子はとても大切な役割を果たしてくれます。

 

直接日光を避けることができますし、顔にかかる紫外線を防いでくれるので一石二鳥です。そして、日光にあたる腕や足の部分は子供用の日焼け止めを塗って対策をしましょう。

 

大人用ではなく、やさしい成分が配合されている子供用を使うことがポイントです。

 

まだ皮膚が大人のようにできていないので肌荒れ防止のためにも、子供用の刺激が少ない商品を使うようにしてください。