季節ごとに違う紫外線対策

季節ごとに違う紫外線対策

日本には春・夏・秋・冬と四季があり、季節によって紫外線の量も違います。
もっとも紫外線が強いのは春から秋までの5月〜9月です。

 

冬は紫外線の量が少ないですが、夏との差であり、紫外線は冬でも私たちのもとに降り注いでいます。上手に紫外線対策をするためにも季節ごとに合わせた対策を行っていきましょう。

 

春の対策が1番大事

紫外線の量が多い時期は夏になりますが、紫外線対策で1番注意すべき時期は「春」となっています。春に紫外線対策をしっかり行うか行わないかで夏の紫外線対策が大きく変わってきます。

 

ちゃんと紫外線対策をしてお肌をキレイに保ち続けている人のほとんどが春の対策をきちんと行っているのです。肌の抵抗力が弱くなっている時期でもあり、冬から春は紫外線が増えてきます。

 

そこで春の日差しで紫外線を浴びてしまうとよりお肌に紫外線の影響を大きく与えてしまいます。春は乾燥しやすく、ホルモンバランスが乱れることもあるので保湿をしっかりし、お肌への負担を減らしていきましょう。

 

夏から秋

もっとも紫外線の量が多い5月〜9月の間は、外出するときはこまめに日焼け止めを塗り、日傘や帽子など対策グッズを上手に使っていきましょう。

 

日焼け止めは出かける前の1回だけではなく、数時間置きに塗りなおしていくことがポイントです。暑い時期はすぐに汗をかいてしまうので3〜4時間ですぐにとれてしまいます。

 

日焼け止めはこまめに塗っておいた方が効果的です。

 

冬はひたすら保湿

冬の紫外線対策は「保湿」が大事になってきます。

 

冬はお肌の細胞活動が弱くなる時期でもあり、夏に受けた紫外線をしっかりケアし、お肌を休める時期です。紫外線は夏と比べて少なくなっていますが、出かけるときは日焼け止めを塗ると良いでしょう。

 

ただし、刺激が強い日焼け止めはNGです。
お肌にやさしいSPFとPAが低い日焼け止めを使ってください。

 

そしてスキンケアでは保湿効果のある化粧品を使っていきましょう。
寝る前には必ず保湿クリームでお肌を潤し、ハリとツヤを保つことが優先です。