基本的な美白対策法とは

基本的な美白対策法とは

美白という言葉は、1990年代後半に美容研究家の鈴木その子さんが提唱して流行し、根付いた言葉です。美白対策法とは、あらかじめ肌が紫外線を受けてメラニン色素を沈着しない状態を作り、浴びてしまった紫外線をどうケアするかにかかっています。

 

肌を紫外線にさらさないようにしたり、基礎化粧品でメラニン色素の沈着を防ぐ方法があります。これらは、日焼け止めクリームを塗ったり、日傘、帽子、サングラスなどであらかじめ紫外線を浴びないようにします。

 

それでも、全ての紫外線をカットすることは不可能なので、美白美容液や美白化粧品でメラニン色素の沈着を防止します。他にできることは、飲食で美白に良い食物を取り入れることです。

 

新陳代謝が良くなると肌の生まれ変わりが活発になります。そのためには、肝臓の働きが活発であることが望ましいです。肝臓の機能を高めるには、しじみに含まれるオルニチンが有効です。
しじみサプリメントを探してみる

 

美容ドリンクから、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸等を摂取するのも効果的です。
美容ドリンクを探してみる

 

お肌のゴールデンタイム(シンデレラタイム)と言われている22時〜翌2時は、成長ホルモンが分泌されて肌の代謝が活発になります。美肌になりたいなら、早寝・早起きすると良いでしょう。しかし、仕事などで早く寝るのが難しい方も多いでしょう。その場合、寝始めてからの3〜4時間は良質な睡眠になるように心がけると良い効果が得られると、ある美容クリニックが提唱していました。

 

途中で目が覚めたりしないようにぐっすり眠るのがコツです。外側からのケアはもちろん重要ですが、生活のリズムや食生活などでも美白を心がけるのが大切です。