大事な紫外線対策

大事な紫外線対策

紫外線対策やケアをきちんとしておかなければ、シミやそばかすの元となるメラニン色素がたくさんできてしまい、そのまま放置するとさらに悪化してしまいます。

 

お肌をキレイに保つためには絶対に欠かしてはいけない紫外線対策について詳しくみていきましょう。

 

基本的な紫外線対策

毎日の洗顔から化粧水→美容液→乳液→保湿クリームと基本的なスキンケアは大事です。
そして、毎日紫外線対策も行っていかなければなりません。

 

紫外線対策の基本といえば、「日焼け止め」です。
日焼け止めはできるだけ外出するときは毎日塗っておくことをお勧めします。

 

1年中紫外線は降り注いでいますし、たとえ寒い冬でも紫外線の量はあまり変わりません。春も秋も紫外線は空から降り注いでいます。

 

特に夏は紫外線が強烈であり、曇りの日でも晴れより紫外線の量がひどい傾向があります。外出するときは必ず日焼け止めを塗ってください。

 

日焼け止めもさまざまな商品があり、日焼け止めクリームの商品には「SPF」と「PA」という単語が必ず入っています。SPFは日焼け止め効果がどのくらいまであるのか“時間”を示しており、PAは+の数によって4段階に分かれており、紫外線に対抗できる力を示しています。

 

+が多ければ多いほど強力な日焼け止めであり、皮膚が弱い人はあまり強いタイプの日焼け止めはお勧めできません。上手に紫外線対策をするためにも自分のお肌に合った日焼け止めを使うことがポイントです。

 

紫外線を浴びた後は・・・

日焼け止めを塗っても黒くなってしまった、赤みが出てきた、また、日焼け止めを塗り忘れた場合でもすぐケアをすれば大丈夫です。紫外線を浴びた後は化粧品や保湿クリームを塗ってしっかりお肌のケアを行ってください。

 

紫外線で傷ついたお肌をそのままにしてしまうことが1番危険です。

 

若いときに浴びた紫外線でできたメラニン色素が数十年後に表皮に浮き出てしまい、大きなシミになってしまうことがあります。できるだけ早く対策をしておくことが大事です。