ボディの美白

ボディの美白

美白と言うと顔の美白ばかりを思いがちですが、時代はボディの美白へシフトしています。ジェルやクリームなども充実してきていますが、どのような成分がボディの美白には有効なのでしょうか。

 

まず、美白と言えばハイドロキノンと言われるほど有名ですが、美容皮膚科の軟膏などでよく処方されるのがこの成分です。一般のコスメには配合パーセンテージに厳しい制限がありますが、最近ではアンプルールのような改良された新安定型ハイドロキノンという比較的安全性の高いコスメも登場しています。

 

また、αアルブチンというのは美白スキンケアコスメでは有名な成分です。これは上記のハイドロキノン誘導体で、メラニンの生成を抑制するのでシミを作らない効果があります。実はβアルブチンという成分もあるのですが、αのほうが10倍以上の効果があると言われていますので、よく見て選んだほうが良いでしょう。

 

プラセンタも有名な美肌成分です。
これは肌を白くするというよりも肌細胞を新しく生まれ変わらせると言ったほうが良いでしょう。生まれたばかりの元気な細胞は透明感があり、明るい肌に美白してくれます。

 

同じく肌の正常なターンオーバーを促進してくれるレチノールはビタミンAの誘導体で、全体的にくすんだ肌を明るく導いてくれると言われています。ビタミンCの誘導体も美白には欠かせない成分ですが、うまく摂り入れることで体全体が白く輝く肌になれるでしょう。

 

手の美白にはハンドクリームでのマッサージが有効です。