美白に効く食品は?

美白に効く食品は?

美白にはスキンケアコスメによるアプローチが主流ですが、その他にも平行して食べる面から出来ることはないのでしょうか。身体の外からと中からと両方で美白が出来れば、より高い効果を得られますよね。

 

美白に良いと言われているのは、なんと言ってもビタミンです。

 

特に肌からも誘導体として摂り入れられるビタミンCは、メラニンの生成を抑えるだけでなく出来てしまったメラニン色素を還元してくれる働きも高いことで知られています。ただ、水溶性ですから口から摂ってもすぐに出て行ってしまうのが難点ですね。

 

蓄積されないのはある意味良いことでもありますが、毎日定期的に摂取する必要があります。おすすめなのはもちろんレモンなどの柑橘類やキウイなどのフルーツですが、野菜としてブロッコリーやピーマン、パプリカなどもおすすめです。

 

また、ビタミンAも肌の代謝を上げて早く色素を捨ててくれるのに役立つ栄養素です。

 

ただ、こちらはビタミンCと違って水溶性ではなく脂溶性で、体内に蓄積される栄養素なので認識は必要です。鶏レバーやにんじん、ホウレンソウ、ブロッコリー、青菜類に含まれますが、食品から摂取する分にはさほど心配されるほどの量の摂取にはなりません。

 

抗酸化作用が強いビタミンEは、活性酸素が肌細胞を傷つけるのを防いでくれるので必要な成分です。こちらの脂溶性で蓄積されますが、ゴマやアーモンド、オリーブオイルなどから少量摂れるものですので、こまめに摂っても大丈夫でしょう。