美白肌とは?

美白肌とは?

美白という言葉もすっかり浸透しましたが、そもそも日本人である私たちがイメージしている美白というのは、どういった肌のことなのでしょうか。色素沈着などのない透明感のある肌、明るさを感じる肌、いろいろとおぼろげには思い浮かべますが、本当に美白になる方法を知りたいのであれば、もっと具体的な部分からまず知る必要があります。

 

もっとも美白肌として想像しやすいのは、シミなどがない肌でしょう。

 

これは紫外線や刺激に対して肌がメラニンなどを過剰に生成しない肌を目指すことで実現することが出来ます。コンシーラーなどで隠す部分のない肌は憧れますよね。

 

また、全体的に明るさを感じる肌にも美白を感じます。

 

この明るさというのがどこから来ているかというと、くすみの無い血行の良い肌からもたらされます。肌そのものがシミのない肌でも、不健康に暗く沈んだ肌は、黒く見えがちです。これを解消するには血行促進と栄養の補給が欠かせません。

 

そして、シミが無くくすみがなくても、肌の透明感がない場合には美白を感じることが出来ません。これは肌の肌理が整っていない荒れた肌、乾燥した肌でよく起こることです。角層の細胞がキレイに整列していると、外からの光が奥まで届いて肌は透明感を得ることが出来ます。

 

光を味方につけるうるおった肌は、全体が輝いて見える美白肌になるのです。
それには水分量を適正にキープする必要があります。

 

こうして見ると、肌そのものの色が生まれつき真っ白でなくても、美白肌は実現出来ることがわかりますよね。これが正しく美白になる方法の基礎なのです。