紫外線が私たちに与える悪影響

紫外線が私たちに与える悪影響

空から降り注ぐ紫外線は私たちにどのような影響を与えるのでしょうか。

 

紫外線を浴びると肌が黒くなり、皮膚が焼けて痛んでしまうと主に考えられていますがそれだけではありません。若いときに浴びた紫外線が忘れたときにやってくることもあります。効率的な紫外線対策をするためにも紫外線が与える悪影響について知っておきましょう。

 

UVAとUVB

紫外線には3つの種類があります。
UVA、UVB、UVCの3種類であり、私たちに直接影響があるのはUVC以外の紫外線です。

 

UVCは地上まで届かない紫外線であり、オゾン層に触れたとたん消滅します。

 

UVBはほとんどはオゾン層に吸収される紫外線ですが、ある一部分は地上にまで到達する傾向のある紫外線です。そしてUVAは地表までたどりつく紫外線であり、1番私たちに影響を与えます。

 

それぞれ影響力が違うのが特徴的です。

 

若いときに紫外線を受けて、大人になってシミが現れてくるのはほとんどUVAの影響です。UVAはお肌にあたる紫外線のほとんどを占めているのでお肌の深くまで浸透し、メラニン色素を毛穴の奥底に生み出してしまいます。

 

つまり、光老化としての悪影響を私たちのお肌に与えてしまうのです。

 

一方、UVBはUVAと比べるとお肌への影響がその場で直接やってくる作用が強い紫外線となっています。炎症や黒ずみなどが発生し、お肌への影響力は1番強いので注意しておかなければなりません。

 

色素沈着

紫外線の影響力として「色素沈着」が有名です。
色素沈着の仕組みはUVAとUVBで大きな違いがあります。

 

UVAは表皮を通り越して皮膚の奥底である真皮にまで刺激を与えてしまい、メラニン色素を生み出すとともに、皮膚にダメージを時間をかけながら与えていきます。

 

UVBは真皮にまで影響は届きませんが、表皮と真皮の境目にあるメラニン色素を生み出すメラノサイトを刺激し、活性化させます。

 

この2つの働きにより色素沈着が進み、シミ・そばかす・たるみが皮膚の表面に現れてくるのです。