紫外線のアフターケア

紫外線のアフターケア

日に焼けた、紫外線を浴びた後に行うアフターケアについて説明します。
アフターケアをしっかりするかしないかによっては、その後のシミに大きく響きます。

 

しっかりケアをした人ほど綺麗なお肌を保つ事ができ、シミやそばかすも大人になって発生しません。綺麗な白いお肌を保つためにも自分で行うアフターケアが非常に大切になってきます。

 

では、紫外線のアフターケアの方法について一緒にマスターしていきましょう。

 

化粧水と保湿クリーム

日焼けをした後の自宅で行うアフターケアは「化粧水」「保湿クリーム」を利用します。まずは基本的なスキンケアを行い、そこで化粧水をたっぷり使ってください。

 

化粧水はできるだけお肌にやさしく、保湿成分が豊富に含まれている商品がお勧めです。
ここでお肌にまだ赤みが残っているときに化粧水をつけていくのはNGです。

 

ちゃんと赤みがひいて落ち着いた状態になってからコットンに化粧水をふくませ、ゆっくりつけていきましょう。紫外線にあたったお肌は乾燥しており、水分が不足している状態になっています。

 

そこに化粧水を染み込ませることでお肌の水分補給となり、その上から保湿クリームをつけていくことでより保湿効果を高めることができます。

 

紫外線のアフターケアは「保湿」が非常に大切です。

 

美白効果のあるものを使う

紫外線を浴びてしまった後は、メラノサイトが刺激され、メラニン色素ができてしまっている可能性があります。できるだけ初期段階でメラニン色素を抑制するために美白効果のある化粧品を上手に利用していきましょう。

 

保湿がメラニン色素を抑制することができ、保湿成分としてはビタミンC配合の化粧品がお勧めです。ビタミンC配合のフェイスパックを冷蔵庫に保管しておくと赤みを増したお肌の冷却効果も期待できるので紫外線を多く浴びた日に使うと良いでしょう。

 

フェイスパックは毎日する必要はありませんが、定期的に行うと効果的です。

 

その日のお肌の状態によってアフターケアも少し工夫をしていくと効率的に紫外線対策を行っていくことができます。